■奇跡のレーシック:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。

 

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

 



■奇跡のレーシック:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:170713

減量を始めると、
どうしても早く結果を求めてしまいがち…

食べたいものが食べられない、動きたくないのにトレーニングしなくては…と、
しんどいことをする側面がありますから、
できるだけ早く結果を出して
できるだけ早く減量を終わらせたいという気持ちも、
わからないではありません。

減量関連の商品では、
「ひと月で○○キロやせる」
といったコピーもよく見かけますが…

短期間でたくさんの体重を落とすことは、
人間の体質にとっては、かなりの負担なんですよね。

そもそも、減量というのは
健康になるという意味合いがあります。
ところが、体質を壊してしまっては
何のための減量かわからなくなってしまいますよね?

医学的な見地から見ると、
自分の体重の一割減をひと月の間に実現することが
理想的な減量なんだそうです。

ですから、
ひと月に10キロ以上の減量をしてもOKなのは、
体重が100キロ以上の人だけなんです。

つまり、
減量商品のコピーでよく見られる、
ひと月とかに二桁もやせるなんていうことはありえませんし、
またできたとしても、
体質への影響を考えるとあまりお勧めはできないのです。

あせらずにゆっくりとやることが、減量の鉄則なんです。
あせらなくていいんですから、
別に激しい減量をする必要もありません!

また、
「減量=しんどい」というのは誤解です。
少しがんばるだけでもいいので、
長期的に続けることのほうが大切なのです。

「わたしにはこらえ性がないから、減量なんて無理!」
と思っている人は、
その凝り固まった考え方を改めることから、
減量を始めましょう!


ホーム サイトマップ