■奇跡のレーシック:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックでのフラップの作成やレーザーの照射時におきましては、角膜が無防備な状態で出ていますので、その結果感染症を引き起こしやすくなっています。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。

 

レーシックにおきましての失敗例の多くがクリニック側の衛生管理が原因となっている事実があります。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。
レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。 レーシックにおける少々酷い失敗例なのですが、感染症を引き起こしてしまう可能性はゼロではありません。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。

 



■奇跡のレーシック:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:170617

離乳食が終わり、
通常の食べる事が食べられるようになると、
栄養バランスの取れた食べる事を与え続けなければならない。

基本的に父とお母さんが食べている
食べる事を出せばいいのだが、
脂肪に関しては、大人とお子さんではその重要度がまるで違う。

大人にとっては
脂肪の過剰な摂取は健康を害するものだが、
お子さんにとって脂肪は脳を成長させる大事な物質である。

高い知能を持ったお子さんに共通するのは、
お母さんが少し太っているということが挙げられる。

お母さんが少し太っているということは、
食べる事において脂肪を多目に取っているということで、
そのような食べる事を子供の頃から食べさせてもらえば、
当然、お子さんは脳を大きくしていくことができる。

お母さんが痩せ気味だと
食べる事自体に脂肪の量が少ないために、
どうしても脳そのものを大きくしていくことが
難しくなるのである。

気をつけるべきなのは、
和食は仏教の影響を受けて、
脂肪が極端に少ない食べる事になっているということ。

伝統的な和食は健康的であっても、
脂肪が少ないために、
お子さんにとっては非常に有害なものになってしまう。

それと裕福になると、
どうしても肥満になる人々が増えて来るので、
減量と称して
脂肪を極端に切り落とした食べる事を作るようになってしまうのだ。

通常、女性が肥満になるのは
炭水化物の過剰摂取が原因である。

肥満になれば脂肪がつくが、
脂肪を食べてその脂肪がついたのではなく、
食べる事以外におかしなどを食べているから、
炭水化物が過剰になってしまい、
その過剰な炭水化物が脂肪として蓄積されてしまったのである。


ホーム サイトマップ