■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべき

■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべき


■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべき
レーシック手術後に使うこととなる点眼というのは、ごく少量ですが体内の赤ちゃんに影響の出てくる可能性があります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

妊娠中や出産直後の女性の年齢でしたら、決して焦ってレーシックを受ける必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシック手術というのは、妊娠中や出産した直後におきましても、受けることは出来ます。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。





■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:170610

ボクがピアノを始めたきっかけは、
声楽をやっていた母親の
「息子に音楽の勉強をさせたい」という思いからでした。

やはり音楽の道は厳しいもので、
幼い頃は仲間となかなか遊ぶことができず、
寂しい思いもしました。

そのうちピアノの手を休めることができる
「食べる」時間が唯一の楽しみになっていったのです。

あの頃は「食べては弾いて」の繰り返し。
練習の辛さから、わざと食べる事を長引かせたりしたこともあります。

ボクにとって食べることは
弾くこととは逆の「癒しの時間」だったんです。

そんなボクのために、
母親は時々、家の中でちょっと変わったイベントをしてくれました。

それは「おうちバイキング」と「ピクニックごはん」。

どちらも
ピアノの練習の辛さなど忘れ、夢中になれる、
ボクにとって素敵なイベントでした。

おうちバイキングとは、その名の通り、
家のあらゆる部屋においしそうな料理と巻紙が置いてあり、
巻紙には次の部屋のヒントが書かれているというもの。
最後に玄関までたどり着くと、
手作り果物が置いてあって締めになります。

ピクニックごはんもまたワクワクするイベントです。
普段はインスタントラーメンやカップ焼きそばを
食べさせることをしない母親でしたが、
時々どんなジャンキーなものでも食べて良いという日をつくってくれたのです。

その日は普段の食卓ではなく、
ストーブ横のじゅうたんにインスタント食品を広げて、
母親もそこで一緒に食べるというものでした。

母親なりにボクに音楽以外でも楽しみを与えるために、
一生懸命工夫してくれて、自分も楽しんでいたのだと感じます。


■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべき

■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべき

★メニュー

■奇跡のレーシック:気になるレーシック手術の使用器具
■奇跡のレーシック:レーシックを受けることの出来ない目の状況
■奇跡のレーシック:適性はレーシックの種類によって変わる
■奇跡のレーシック:目に疾患がある時のレーシック
■奇跡のレーシック:レーシックは妊娠中は避けるべき
■奇跡のレーシック:最も気になるレーシックの治療費用
■奇跡のレーシック:レーシックとドライアイとの関係
■奇跡のレーシック:松坂選手もレーシックを受けました
■奇跡のレーシック:レーシックの失敗例はクリニック環境が原因
■奇跡のレーシック:自分に見合ったレーシックの種類を把握


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)裸眼で見えるようになる奇跡のレーシック