■奇跡のレーシック:レーシックを受けることの出来ない目の状況

レーシックの手術におきましては、角膜の形をレーザーを使用し次第に調整をしていくことになります。
目に入ってくることとなる光の屈折の角度を調節していきますので、角膜というのは非常に重要な部分となるのです。

 

レーシック手術では角膜をレーザーで削った後だったとしましても、十分な厚みが残っていれば再手術が可能となります。
角膜の厚みにつきましては、事前に各クリニックで検査をしてくれるので心配はいりません。
「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。 レーシックの手術をすることの出来ない場合というのは、角膜の厚みが足りない方が挙げられます。
あなたの角膜というのは事前の検査をすることによって、知ることが出来るので後々問題になってくることはありません。

 





傘立ての案内
傘立て
URL:http://www.gomibako-ism.com/fs/gomibako/c/umbrellastand/


■奇跡のレーシック:レーシックを受けることの出来ない目の状況ブログ:170919

子供の脳の成長にとって、
父母馬鹿になることは良い効果をもたらすのだが…

問題なのは父母馬鹿を通り越して、
「馬鹿な父母」になってしまうことである。

例えば、
赤ちゃんが一人立ちした時に
友人に報告するような場合。

順調に育てば、一人立ちをするのは当たり前であって、
自分たち夫婦はそれを非常に喜ぶことができても、
他の人たちもそうであるとは限らない。

特に気をつけるべきは、
年賀状に子供の写真をデカデカと載せ、
主人の仕事関連の人々に送りつけてしまうことである。

嫁に年賀状作りを任せてしまうと、
これをやってしまうので要注意!

年賀状は去年1年間お世話になったお礼と、
今年1年間宜しくお願い致しますという手紙なので、
元日そうそうつまづいていると、
主人はろくな仕事ができなくなってしまう…

自分がどんなに父母馬鹿になっても構わないが、
我が子供の成長を喜んでくれるのは、
ごく限られた人々しかいないということを忘れてはならない。

だから
舅や姑と仲良くすることは大事だし、
親戚づきあいも大事なのである。

嫁姑の戦いを繰り広げたり、親戚付き合いをしなければ、
我が子供の成長を喜んでくれる人々を
確実に失ってしまうのである。

また、
家族で外出した時に、
外で余りにも父母馬鹿をさらけ出していたら、
それはそれでひんしゅくを買ってしまう。

家の外に出れば、
最低限の礼儀作法は守る必要性がある。

例えば子供と電車に乗った時、
子供を椅子に坐らしても、
すぐさまひっくり返って外の景色を見出すものだ。

その時、
子供と一緒になって景色を楽しむのではなく、
子供の靴を脱がして、椅子が汚れないようにすべきである。

父母馬鹿になっても、
父母として礼儀作法はきちんと守っておくべきなのである。


ホーム サイトマップ